導入事例01:ショッピングモールでリサイクル率9割達成


当社の「企業の体重計®」を使ってSDGs経営に活用している、神奈川県内の中小企業の事例をご紹介します。
この企業は神奈川県内に複数のショッピングモールを運営しており、3代目経営者が「企業の体重計®」を使って廃棄量削減とリサイクル率向上に取り組んでいます。

成果① 産廃管理の事務コスト削減 まず、それまで紙だったマニフェスト伝票処理について電子化をすすめ、全店舗でのペーパーレス化を実現しました。

成果② リサイクル率向上と排出量削減施策を実施 次に、「企業の体重計」でゴミの廃棄データを確認することで、今までリサイクルをせずに廃棄していたゴミがあったことが分かりました。
そこで、「分別をしっかり行う」「これまで捨てていたゴミをリサイクルに回す」などといった改善策を実施し、リアルタイムで確認できるデータを利用して効果検証を続けることで、2020年にはリサイクル率を9割にまで改善しました。

成果③ ステークホルダーへSDGs経営実施をPR 最後に廃棄量削減とリサイクル促進といった「SDGs経営を実施していること」を、データとともに具体的な説明ができるようになりました。

導入事例02:大学の研究室に「企業の体重計®︎」を設置


慶応大学湘南藤沢キャンパスの田中研究室と共同で、廃棄物管理の先端技術を活用した実験を行っています。

このプロジェクトでは、鎌倉市内で実施されているシャンプーなどの詰め替えパックを回収する「しげんポスト」に「企業の体重計®」を設置し、各設置場所ごとの廃棄量やリサイクル率を正確に測定します。
この取り組みの目的は、廃棄物管理のデータをリアルタイムで取得し、事業の成果を具体的な数値として可視化することです。具体的には、各「しげんポスト」における詰め替えパックの回収量や、そのリサイクル率を把握することで、環境負荷の削減効果を明確に示すことができます。

田中研究室との協力により、この実験は廃棄物管理の新たな標準を確立するための重要なステップとなっています。取得したデータは、環境保護の観点から非常に価値があり、今後の政策提言や地域社会へのフィードバックにも役立ちます。
さらに、この実験を通じて、「企業の体重計®」がどのようにして廃棄物管理の効率化と透明性向上に寄与できるかを示す、優れた実例を提供します。

慶応大学湘南藤沢キャンパスと連携したこのプロジェクトは、学術研究と実際の廃棄物管理の現場を結びつけ、持続可能な未来に向けた一歩を踏み出しています。
これにより、「企業の体重計®」の技術的な優位性と、社会的貢献の可能性がさらに広がることが期待されます。

導入事例03:消毒剤や洗浄剤を取り扱う大手メーカーでの「企業の体重計®︎」を導入


消毒剤や洗浄剤を取り扱う大手メーカーにおいて、「企業の体重計®」を導入し、廃棄物管理の効率化と環境負荷の軽減を実現しました。
このメーカーでは、工場内や事務所内のゴミ集積所に「企業の体重計®」を設置し、各ゴミの廃棄量を正確に計測しています。

具体的には、ゴミ集積所に設置された「企業の体重計®」によって、各種類のゴミの重量がリアルタイムで計測され、データが自動的に収集されます。
これにより、廃棄物の管理が格段に効率化され、従業員の手間を大幅に削減することができました。
さらに、このデータは廃棄物の種類ごとに分析され、リサイクル率の向上や無駄の削減に役立てられています。

また、事務所内のゴミ箱の下にも「企業の体重計®」を設置することで、オフィス内で発生する廃棄物の量を可視化し、従業員一人ひとりが環境意識を高めるきっかけとなっています。
この取り組みによって、全社的な環境負荷削減の意識が向上し、持続可能な企業経営の一助となっています。

この大手メーカーでの「企業の体重計®」の導入事例は、廃棄物管理の革新と環境意識の向上を両立させる成功事例として、他企業にも広く参考にされることが期待されます。
これにより、「企業の体重計®」の普及とともに、より多くの企業が持続可能な社会に貢献することができるでしょう。

導入事例04:市役所で「企業の体重計®︎」を導入


公共機関における廃棄物管理の先進事例

市役所において、「企業の体重計®」を導入し、公共施設での廃棄物管理の効率化と環境負荷軽減を実現しました。
市役所の正面玄関に設置されているゴミ箱の下に「企業の体重計®」を導入し、各ゴミの廃棄量を正確に計測しています。この取り組みにより、以下のような効果が得られました。

1. 正確なデータ収集: ゴミの重量がリアルタイムで計測され、データが自動的に収集されます。これにより、廃棄物の管理が正確かつ効率的に行われます。

2. 環境意識の向上: 廃棄物の量が可視化されることで、市役所職員および来庁者の環境意識が高まり、リサイクルやゴミの削減への関心が深まります。

3. 政策立案への活用: 収集されたデータは、廃棄物削減政策やリサイクル促進のための基礎資料として活用され、市の環境施策の一環として重要な役割を果たします。

4. コスト削減: 正確な廃棄物データに基づき、適切なゴミ処理計画を立てることで、処理コストの削減にもつながります。

「企業の体重計®」の導入により、市役所では効率的で持続可能な廃棄物管理が実現され、市全体の環境改善に貢献しています。
この事例は、他の公共機関や自治体にとっても、先進的な廃棄物管理のモデルケースとして参考になるものです。
市民の皆様にもこの取り組みを周知し、地域全体での環境意識の向上と廃棄物削減に向けた協力を呼びかけていきます。

導入事例05:大手ファミリーレストランで「企業の体重計®︎」を導入


廃棄物管理の革新と持続可能な経営の実現

大手ファミリーレストランチェーンにおいて、「企業の体重計®」を導入し、廃棄物管理の効率化と環境負荷の軽減を実現しました。
この導入により、店舗のゴミ集積所に設置されたダストボックスの下に「企業の体重計®」が設置され、各種類のゴミの廃棄量を正確に計測しています。この取り組みの成果は以下の通りです。

1. 正確な廃棄物データの収集: 「企業の体重計®」により、ゴミの重量がリアルタイムで計測され、データが自動的に収集されます。これにより、廃棄物管理が精確かつ効率的に行われ、管理の透明性が向上しました。

2. 廃棄物削減とリサイクル促進: 各店舗で発生するゴミの量が具体的なデータとして可視化されることで、無駄を削減し、リサイクル率を向上させるための具体的な施策が立案・実施されています。

3. 従業員の環境意識向上: 従業員が日々の業務の中でゴミの量を意識し、リサイクルやゴミの削減に積極的に取り組むようになりました。このような環境意識の向上は、店舗全体の環境保護活動にも寄与しています。

4. コスト削減: 廃棄物の正確なデータに基づいた効率的なゴミ処理計画により、処理コストの削減が可能となりました。これにより、持続可能な経営が実現されました。

5. 顧客への環境メッセージの発信: 店舗内での廃棄物管理の取り組みを顧客にも紹介することで、環境に配慮した企業姿勢をアピールし、顧客からの信頼と共感を得ることができました。

「企業の体重計®」の導入は、大手ファミリーレストランチェーンにおける廃棄物管理の革新と持続可能な経営を支える重要な一歩となりました。
この事例は、他の飲食業界にも広く参考にされるべき成功モデルとして注目されており、環境負荷軽減の取り組みが業界全体に広がることが期待されています。

導入事例06:ダストボックス内に「企業の体重計®︎」を設置


廃棄物管理の革新と効率化の実現

ある事業所において、「企業の体重計®」を導入し、廃棄物管理の効率化と環境負荷の軽減を達成しました。
事業所外に設置されているダストボックスの下に「企業の体重計®」を設置し、各種類のゴミの廃棄量を正確に計測しています。
この導入により、以下のような効果が得られました。

1. 正確な廃棄物データの収集: 「企業の体重計®」によって、ゴミの重量がリアルタイムで計測され、データが自動的に収集されます。これにより、廃棄物管理が精確かつ効率的に行われ、管理の透明性が向上しました。

2. データに基づく改善策の実施: 収集されたデータを基に、廃棄物削減とリサイクル率向上のための具体的な施策を立案・実施。これにより、無駄を削減し、持続可能な廃棄物管理が可能となりました。

3. 従業員の環境意識向上: 日々の業務で廃棄物の量を意識することが従業員の習慣となり、リサイクルやゴミ削減に対する積極的な取り組みが進んでいます。これにより、全社的な環境意識が高まりました。

4. コスト削減の実現: 廃棄物管理の効率化により、ゴミ処理にかかるコストを削減。これにより、経費削減と環境保護の両立が実現しました。

5. 持続可能な経営への貢献: 正確なデータに基づいた廃棄物管理は、事業所の持続可能な経営に大きく貢献。これにより、企業の環境負荷を軽減し、社会的責任を果たす一助となっています。

「企業の体重計®」の導入により、事業所では廃棄物管理が革新的に改善され、環境負荷の軽減とコスト削減が同時に実現されました。この事例は、他の事業所や業界にとっても廃棄物管理の最適化と持続可能な経営のモデルケースとして、非常に参考になるものです。

導入事例07:「企業の体重計®︎」のスポーツイベントでの活用


大和青年会議所と大和商工会議所が共催する、地域密着型スポーツ事業「エクスポ2022」において、「企業の体重計®」が重要な役割を果たしました。

このイベントでは、参加者の環境意識を高めるため、各ゴミステーションに「企業の体重計®」を設置。
これにより、イベント中に発生する廃棄物の種類ごとの重量を正確に計測し、データをリアルタイムで可視化しました。

この取り組みは、廃棄物の正確な管理だけでなく、参加者に対してリサイクルの重要性を実感してもらう絶好の機会となりました。
さらに、集められたデータは廃棄物削減策の策定に役立てられ、今後の環境保護活動にも貴重な情報として活用されています。

「エクスポ2022」での「企業の体重計®」の導入は、スポーツイベントにおける持続可能な環境管理の新たなモデルを提示し、参加者に強い印象を与えました。
これは、ケイ・システムの技術が如何に多様な場面で貢献可能かを示す好例となり、今後の様々なイベントでの採用へとつながっています。

導入事例08:大学の廃棄物集積場で「企業の体重計®︎」を導入


環境科学部のSDGs教育における先進的な取り組み

ある大学の環境科学部では、SDGs(持続可能な開発目標)の教育の一環として、「企業の体重計®」を導入しました。この大学では、「ペットボトル廃棄量をどのように減らすか」や「年間廃棄量が把握できていない」といった具体的な課題が存在していました。

これに対し、環境科学部の学生たちは、廃棄物集積場に「企業の体重計®」を設置し、ペットボトルの廃棄量を具体的な数値で可視化する取り組みを開始しました。この取り組みは以下のような効果をもたらしました。

1. 正確なデータの収集と分析: 「企業の体重計®」により、ペットボトルの廃棄量がリアルタイムで計測され、具体的なデータとして収集されます。これにより、年間の廃棄量を正確に把握することが可能となり、データに基づいた改善策を講じることができました。

2. SDGs教育の深化: 学生たちは、自らが関わる実践的なプロジェクトを通じて、廃棄物管理の重要性とその方法を学びました。これにより、SDGs達成に向けた具体的なアクションを体験し、環境意識が高まりました。

3. 廃棄物削減の具体的な成果: ペットボトルの廃棄量を具体的な数値で可視化することで、無駄を減らし、リサイクル率を向上させるための具体的な施策を実施することができました。これにより、環境への負荷を軽減する効果が得られました。

4. 大学全体への波及効果: この取り組みは、環境科学部だけでなく、大学全体の環境意識を高めるきっかけとなりました。学生や教職員が協力して廃棄物管理の改善に取り組むことで、大学全体の環境保護活動が活発化しました。

「企業の体重計®」の導入は、大学の廃棄物管理に革新をもたらし、SDGs教育の実践的な教材としても活用されています。この成功事例は、他の教育機関にも広がり、持続可能な未来のための取り組みを推進するモデルケースとして注目されています。

TOP